読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

virtualenvでPython3.5の隔離環境を作成する

今回はubuntu16.04にvirtualenvをインストールしてPython3.5の隔離環境を作成する。
よくやり方を忘れるので、、、

python3.5にpipをインストール


ルートユーザーになる

sudo -i

リポジトリを更新してpipをインストール

apt update
apt install python3-pip

virtualenvをインストール


pipをアップデートしてvirtualenvをインストール

pip3 install --upgrade pip
pip3 install virtualenv

virtualenvを使って隔離環境を作成する


~/myenvに隔離環境を作成

virtualenv -p /usr/bin/python3 ~/myenv

隔離環境をアクティベート

source ~/myenv/bin/activate



以後、Pythonインタープリタの起動や、Pythonスクリプトを実行、pipによるパッケージのインストールは、全て隔離環境のPythonで行われる。
確かめたい人は以下のコマンドでPythonのパスがどこにあるか見てみると良い。

which python

隔離環境の使用を終了するときは

deactivate

隔離環境を削除するときは

rm -r ~/myenv